岡崎北ハピネス接骨院

予約優先 0564-66-1007

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

岡崎市エキテン口コミ№1交通事故専門治療院  手関節捻挫について

こんにちは!岡崎北ハピネス接骨院ブログ

今日は手関節捻挫についてです。

どんな外傷か手関節捻挫は、手をついたり、ひねったりして

手関節部に疼痛が生じる軟部組織損傷で、いくつかの病態があります。

そのなかのひとつにTFCC損傷があります。

TFCCとは、尺骨頭(しゃっこつとう)と尺側手根骨(しゃくそくしゅこんこつ)の間にある

三角線維軟骨・メニスカス類似体・尺側側副靭帯などの複合体のことで

日本語では三角線維軟骨複合体といいます

o0480031213738889321

 

TFCC損傷は、転倒して手をついたりしたときなどの外傷によって生じる場合

慢性的な使いすぎによって生じる場合、加齢性の変化で生じる場合があります。

検査と診断

手関節捻挫は、圧痛(押すと痛むこと)がどこにあるかでどの部分の損傷であるか

ある程度の診断が可能です。ただ、受傷直後の疼痛が強い時期には損傷部を診断する

ことが困難なことも少なくありません。

TFCC損傷では

TFCCの圧痛、尺屈回外(しゃっくつかいがい)テスト陽性などの臨床所見で診断されます。

治療の方法

手関節捻挫に対しては手関節部が動かないように外固定を行います。

圧痛の軽減の有無が、外固定を除去する目安になります。

TFCC損傷においても、外傷性のものに対しては、3~4週間の外固定を行います。

意外と『手関節捻挫は痛いけどそのまんま・・・』という方が多いのではないでしょうか?

ほっておくと治るのも難しくなってしまう場合もありますので早めの処置が大切です。

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ