岡崎北ハピネス接骨院

予約優先0564-66-1007 お問い合わせはこちら
MENU

高齢で背中が曲がる ~原因編~


今回は高齢になると背中が曲がってしまう原因を紹介してきます。

支えがないとガイコツの標本が立たないように
筋肉が骨を支えているからこそ私たちは立っていられます。
しかし、「重力」に「抗う」筋力である抗重力筋が衰えると
真っすぐな姿勢を保つことが困難になり、猫背になってしまう方がいらっしゃるのです。

背骨は緩やかなS字カーブを描いて積み木のように並んでいるため猫背が続くと、やがて背骨全体にゆがみが生じます。

さらに、猫背に拍車をかけるのが、骨がもろくなってしまう
「骨粗しょう症」です。骨は古い骨を壊し、新しく再生させる新陳代謝をしていますが、女性の場合は閉経を境にして、骨の形成を促進する「エストロゲン」が欠乏し、つくるよりも壊すペースの方が早くなります。

それによって、次第に骨密度は低くなり、もろくなった骨が悪い姿勢によって圧迫される「圧迫骨折」が起きてしまいます。そして、圧迫骨折を放置しておくと、背中はどんどん湾曲するのです。

背骨は本来、S字のような滑らかなカーブを描いて積み重なっていますが、背中を丸めた状態を続けていると、背骨が大きく曲がり猫背になってしまいます。これは、高齢者のみに起こることではありませんが、高齢者の場合は「骨粗しょう症」の影響によって腰が曲がりやすいと言われています。

年齢を重ねると自然と骨密度が低下して骨はもろくなり、また、骨と骨の間にある軟骨が弱くなり変形しやすくなってしまいます。骨や骨の軟骨が圧迫に耐えられない状態になると、少し力が加わっただけでも骨がつぶれてしまいます。こういった圧迫骨折が重なると腰が大きく曲がったまま、もとに戻らなくなってしまうのです。

>

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ