岡崎北ハピネス接骨院

予約優先0564-66-1007 お問い合わせはこちら
MENU

岡崎市NO1口コミ (セーバー病)

こんにちは!梁です!

最近、院のみんなで筋トレをしています。筋トレは前々からしたいなと思っ

ていたのですが、なかなかはじめの一歩を踏み出せずにいました。そんな時

に院長先生からみんなで筋トレしようか!と言っていただきみんなでするこ

とになりました。ホグレルの松田トレーナーの指導のもとみんなでマッチョ

になれるように頑張っていきたいです。

今回は「セーバー病」についてです。

セーバー病とは

踵骨とは、かかとの骨のこと。骨端とは、骨のはじっこという意味。つまり

セーバー病/踵骨骨端症(ここからはセーバー病で統一します)とは、かか

との骨のはじっこ(後ろ側と下側)に痛みが起こるケガ(痛みの起こる詳し

い位置は下で)のことです。

そしてこのセーバー病は、成長期である7〜15歳くらいの子供に起こるケ

ガであり、これくらいの年齢の子供には、比較的よく起こるケガです。ま

た、運動をする活発な子供もしくは肥満気味の子供によく起こりま

す。

症状
一番の症状は、歩いたり走ったりジャンプを

するときに起こる、かかとの痛みです。あま

り多くはありませんが、もしセーバー病のケ

アをせず、痛みがあるにもかかわらず運動を

し続けると、剥離骨折(腱が骨を引っ張るこ

とによって、骨が剥がれてしまう骨折のこ

と)が起きる可能性もあります。

運動中の痛みを抑えるのに一番効果がありそうなのは、アーチをサポート

する装具(インソール)ヒールカップです。上で説明したように、

痛みが発生する原因は、アキレス腱と足底筋膜がそれぞれ反対方向に引っ張

ることで骨端線の部分に腫れが起きます。そのため、その反対側に引っ張ら

れる強さを抑えることが、痛みを抑えるポイントになります。

インソール(上写真)は、土踏まず(=アーチ)をつくることで、走ったり

ジャンプ後の着地などのときの足への衝撃を和らげる/吸収することを助け

ます。

痛みが出たら、まずはアイシングなどの「PRICE」を行なって応急処置。成

長期の子供でかかとの下や後ろ側に痛みがあるからといって、それが必ずし

もセーバー病であるとは限りません。痛みが続くようであれば病院(整形外

科)に行ってお医者さんに診てもらい、診断を受けましょう。

 

>

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ