岡崎北ハピネス接骨院

予約優先 0564-66-1007

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

膝十字靱帯損傷

膝十字靱帯損傷


ランナー膝(腸脛靭帯炎) について

膝十字靱帯損傷の原因

前十字靱帯損傷は、スポーツで多くみられ、コンタクトスポーツなどでの衝突や、バスケットボールなどのジャンプ・ストップ・方向転換など急な動きの多いスポーツでみられます。また、後十字靱帯損傷は、膝関節の過伸展、過屈曲の強制や、交通事故、スポーツなどで膝下部分を強く打つなどの接触損傷で多く見られます。

膝十字靱帯損傷の症状

膝十字靱帯とは膝関節の中にある関節内靱帯(前十字靱帯・後十字靱帯)のことです。前十字靱帯は脛骨の前方への動きを、後十字靱帯は脛骨の後方への動きを制限しています。損傷すると関節部が不安定となり、引き出し症状や膝崩れ症状が見られたりします。

膝十字靱帯損傷の対策

アイシング、テーピングでの膝の固定、筋力強化など。

症状別の詳細を見る
ぎっくり腰 坐骨神経痛  
     
ランナー膝 オスグッド病 変形性膝関節症  
     
膝十字靱帯損傷 オスグッド病  
     
むち打ち症 五十肩 肩こり  
     
野球肘 シンスプリント テニス肘腱鞘炎
岡崎北接骨院へのお問合せはこちら

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ