岡崎北ハピネス接骨院

予約優先0564-66-1007 お問い合わせはこちら
MENU

保険適用される肩の痛みの症状を紹介

よく整骨院の看板に「各種保険適用」とかかげられていますが、どのような場合に保険が適用となるのでしょうか.

今回は健康保険について書いていき、どのような症状が保険適応になるのかを皆様にご紹介いたします。

国家資格を持つ柔道整復師がいれば保険が適用される

整骨院や接骨院は病院ではありませんが、国家資格を持つ柔道整復師と呼ばれる整骨師が診療するため健康保険を用いた診療を行えます。ここでのポイントは「整体」は『整骨院』、『接骨院』、『ほねつぎ』とは異なる点です。柔道整復師が背施術を行い、各種保険適用となるのは「骨」の文字を掲げている『整骨院』『接骨院』、『ほねつぎ』となります。症状によっては自賠責保険や労災にも対応しています。

ただし保険適用の症状には限定があります

 

柔道整復師がいる整骨院や接骨院では保険適用の施術を受けられますが、すべての症状に保険が適用されるわけではありません。保険適用となる症状は「骨折、不全骨折(ひび)、脱臼、打撲、捻挫」といった5つのけがに限られており、さらに細かな条件があります。

保険が適用される施術
整骨院での施術で保険適用となる施術は、急性または亜急性の外傷性負傷による骨折・不全骨折・脱臼・捻挫・打撲となります。捻挫・打撲の場合は医師の同意なしでも整骨院での施術ができますが、骨折・不全骨折・脱臼の場合は緊急時を除いて医師の同意がない施術は受けられません。まずは医師の診断を受けてから整骨院にかかる許可が必要になります。
捻挫・打撲の場合でも申請が必要な場合
捻挫・打撲は医師の同意なしでも施術が可能と説明しましたが、3ヶ月以上の長期施術または一度に4ヶ所以上の施術を行う場合は書面での申請が必要です。
慢性的なものは保険適用外
あくまでも急性または亜急性の外傷性の負傷に適用される保険なので、慢性的な肩こりや腰痛、筋肉疲労は保険適用外になります。数年間に痛めた膝が再び痛み出した、過去の事故のけがの後遺症なども保険適用外となるため注意が必要です。
医療機関と整骨院の併用は保険適用外
医療機関の治療を受けながら整骨院での施術を受けると整骨院での治療費は全額負担になります。あくまで病院を受診し、整骨院にかかる場合は必ず医師の同意を得てからにしましょう。

整骨院で健康保険が利用できる症状は、「急性の怪我」ということがお分かりいただけたかと思います。
具体的には、骨折、不全骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷などが「急性の怪我」にあたります。ただし、骨折、不全骨折、脱臼の場合は初日以外は医師の同意が必要なので、必ず医療機関にかかるようにしましょう。
整骨院で施術を受ける時には、症状が「急性」「慢性」どちらに当てはまるかを考えると、保険適用か実費かを判断することができます。

もしご自分の症状が保険適用かわからない場合は、整骨院の先生に相談してみましょう。

 

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ