岡崎北ハピネス接骨院

予約優先 0564-66-1007

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

【走る前に必見!ランナー膝のメカニズム】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは。
ハピネスグループ施術スタッフの矢藤将馬です。

今日はランニング障害での症例の説明をしたい思います。
ランナーの20%の方が経験している「ランナー膝」についてです。

ランナー膝とはどんなものなのか、まず仕組みを説明します。
脚の太ももの外側に大腿筋膜張筋というものがあります。
それが下に下がっていくと腸脛靭帯というものに移行し、これが膝の外側のやや下に付きます。

腸脛靭帯というものは、膝を曲げ伸ばしする際に大腿骨の外側上顆(膝の外、やや上にある突起)を乗り越えるので、それを過剰に繰り返すことによって炎症が起きます。
それがランナー膝(腸脛靭帯炎)というものです。

起こりやすい原因として、大腿筋膜張筋、腸脛靭帯が硬くなっている。
筋力不足、柔軟性の低下、ウォーミングアップ、クールダウンの不足。
足の構造上O脚と言われるもの。
足の関節が内反といって内側に曲がっていたり、ソールの薄い靴を履く、硬い地面の走りすぎなども起こりやす原因となります。

以上のことを予防すればランナー膝を防ぐことができます。

是非一度、原因を見直してみてください。
どんなケガにも必ず原因はあります。

動画を見て頂いて少しでも参考になれば幸いです。
ありがとうございました。

カテゴリー: 動画   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ