岡崎北ハピネス接骨院

予約優先 0564-66-1007

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

【ゴルフ肘にならない!ゴルフスイングフォーム】岡崎市の接骨院ハピネスグループ

こんにちは!
ハピネスグループ 安城ハピネス接骨院の施術スタッフ中村です。

【ゴルフ肘にならないためのスイング】

まずはじめに、肘の位置が重要です。
肘が適度な角度でないと、肘の関節がきちんと動かないので、手首、肩にまで影響します。

①肘が突っ張っている
 肘が回転できないと手首と肩で無理やり回転させることになります。

②脇が開いている
 ショットが安定しないし手首を使ったスイングになってしまいます。

③肘を締めすぎている
 肘を体にぴったりとつけるのは締め過ぎです。
 これでは腕が動きません。
 肘から先だけの小さなスイングになります。

スイングの時に大切なのは肘より先の前腕の動きです。
スイングする時、両肩とグリップの三角形を崩さないようにするのが基本ですが、肘から先は大きく回転させていくのが大切です。

テイクバックは肘から下を右に回し、フォローでは左に回します。
その時にも前腕の捻りが大切です。
手首ではなく前腕と身体を回転させて一体に動かしてあげる事が重要です。

クラブを持たずに、手のひらを合わせて行ってみるとイメージしやすいと思います。

【○ 正しい動き】
手のひらが裏返る感じです。
この動きは、ひじ関節の動きです。

【× 間違った動き】
肘から先を回転せずに、手首だけを動かしています。
この動きは、手関節の動きです。

肘から先をきれいに回すには、肘にゆとりを持たせ力を抜く事が必要です。
脇を締めすぎると肘がうまく回らないですが、開きすぎると肩関節を痛めます。
さらに、手首の角度が悪かったり、手首に余計な動きが加わると、肘はうまく回転することができません。
柔らかいイメージで前腕と身体の動きを一体にするイメージでスイングして少しでも身体の負担にならないスイングを身につけましょう!

カテゴリー: 動画   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ