岡崎北ハピネス接骨院

予約優先 0564-66-1007

腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・骨盤矯正・鍼灸施術・交通事故外来

岡崎市 口コミNo.1 交通事故専門治療院  台風による体への影響

最近、珍しい経路をたどる台風で、

関東から北海道は、

川が氾濫したりなどで大変なことになっていて、

ニュースになっています。

 

今年は、今現在は愛知県に被害は出ていないですが、

まだまだ、台風シーズンが続きますので、

気象情報には気を付けましょう!

 

 

今回は台風などの天候不良時の

体への影響についてお話させて頂きます。

天気が悪かったりすると、

頭痛がしたり

関節が痛くなったり

体がだるくなったり、など

体調が悪くなったりしませんか?

 

天気が悪くなると体調が悪くなるのは、

気圧の変化によるものです。

環境の変化によっておこるものは、

原理を知っていれば、対応しやすくもなります。

以下のことを参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

 

まずは「大気圧(気圧)」についてから。

天気予報でお馴染みの気圧の値「hPa(ヘクトパスカル)」。

標準大気圧は「1013.25 hPa=1気圧」と定義され、

この数値を基準に晴天の日は高気圧となり、

雨の日は大気の圧力が低下し低気圧となります。

問題なのは低気圧となった時に起こる、

体への物理的な影響

自律神経バランスが崩れることです。

「1気圧」の時は「1の力」で全身が大気から常に押されている、

という状態となっているのですが、

気圧が低下すると大気からの圧力が低下し、体は膨張します。

(大気から全身を抑えつけている力が弱まる、というイメージ)

この膨張によって

血管やリンパの流れが生む圧力(勢い)も低下する為、

平時より血行不良を起こし体調不良となる。

どういう事かというと、例えばホースで水を撒いている時、

ホースの口を潰して(圧を掛けて)撒けば、

水流が強くなるでしょう?

圧が強いと水流が増す、という原理の血管版なワケです。

低気圧の場合は圧が弱まるので全身の流れが悪くなる。

つまりは、

低気圧=血流・リンパ循環不良 

         → 筋肉が固くなり、冷えやすい

            むくみやすい 状況になる

という、メカニズムが体への物理的な作用です。

 

また、自律神経のバランスが崩れることによるおこる作用は、

自律神経は、物理的な変化のほかに呼吸から「酸素が薄い」、

目から「光が少ない(暗い)」、

また内耳にかかる圧力の変化で

「気圧が低下した」ことを感知します。

そしてこれらの条件を「活動に適さない環境」と判断して、

二種類の自律神経のうちの「副交感神経」を優位に働かせ、

体を「休息とエネルギー蓄積のモード」に切り替え始めます。

低気圧になるとだるい、眠い、疲れるという症状を

感じるのはこのためです。

「今は活動には適さない。じっとしていなさい」という

体からの指令ということです。

しかし台風の接近のようにいきなり大きく気圧が

低下し始めると、副交感神経の急な調整が行きすぎて、

「不調」と感じるほどになってしまうのです。

 

以上のことで、台風や雨の時(低気圧)は、

体調が崩れやすくなります。

対策としては、血流を上げる為に

「ゆっくり湯船につかる」

「軽い運動(ウォーキング、スクワットなど)をする」

「ストレッチをする」などが効果的です。

また、自律神経を整える為に

「百会」のツボ押しも効果的です。

ゆっくりとじわ~っと押してくださいね!

 

大型の台風が太平洋にうろうろしていますので、

気象情報に気を付けて、

体調の管理を崩さないように

(以上のことを参考にしていただけると嬉しいです。)

気を付けてくださいね!

カテゴリー: インフォメーション   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院 腰痛・膝痛・首・肩・腕の痛み・スポーツ診療・交通事故外来

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや
気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、
増強させる最善の方法だと考えています。

愛知県内のハピネスグループ

ページの先頭へ